FC2ブログ

父の葬儀(4/13)

葬儀。。。
いろいろなカタチがあるでしょう。
私が選んで決めた父の葬儀が、本来父の望んだ葬儀ではなかったかも?
なんだけど・・・
父を見送るのは私と友人だけ。
他に弔問客がいないんだから、あれで良かったんだ。
と今は思うようにしてます。(^^;)

で、葬儀。
4月9日に病院で亡くなった父の亡骸は、葬儀屋さんへの1本の電話で終わりです。
私からの連絡を受け、数時間後には葬儀屋さんが病院までお迎えに行ってくれて。
その際父の私物も一緒に引き取ってくれた。
だから私は父の入院先の病院へ行く必要はなかった。

今回私が選んだ『直送』タイプの葬儀は、父のように高齢になってしまって、妻も親も兄弟もみんな先に亡くなってしまい、独りぼっちになった人向けの簡単な葬儀です。

<直送タイプの葬儀>
お通夜は、なし。遺影もなし。
葬儀屋さんが火葬の日まで亡骸を預かってくれる。
当日、火葬場で簡単なお別れ式をして、火葬。→ 終わり。
火葬場で、お坊さんにお経をあげてもらいたい場合は別途料金が発生する。


私は、母が亡くなった時に父と相談し、『小さなお葬式』と言うところに会員登録を済ませていました。
なので、会員割引があり、今回の葬儀はお坊さんもセットで25万円でした。
母の時は、一般的な葬祭場でやったので、なるべく簡単にしたけど150万円ほどかかりました。(^^;)

今回の直送タイプの葬儀は本当に簡単だったけど。
何を省いたか?は・・
祭壇と遺影とそれに必要なお部屋です。
祭壇とお部屋の室料が、ばかっ高いのであります。(^^;)

今回も母と同じ横浜市久保山にある火葬場。
IMG_5454.jpg




安い葬儀屋さんなので、呼んだお坊さんはちゃんとしたお寺さんの住職とは限らない?
って聞いていたんだけど。
父の戒名をつけてくれたお坊さんは、ちゃんとしたお寺の住職さんでした。
IMG_5459.jpg

お坊さんへのお布施は、母の時は30万円だった。
旦那の実家は檀家なので、決まったお寺さんの住職さんを呼ぶのでお布施は60万円だという。
60万円は、田舎では安い方らしい。(^^;)
実家は檀家ではないので、今回の葬儀屋さんの呼んだお坊さんへの布施は、5万円・・

なんでこんなに違うの~

『お金は生きてる人に使うもの。』
と私の信念にぴったりな葬儀屋さんに出会えてよかった~

出棺の前に父の亡骸と対面したんだけど、想像以上に老いぼれ顔だった。
入院前からやせ細ってはいたんだけど、更に痩せちゃって・・・
映画『リメンバーミー』に出てくる骸骨の方がよっぽども可愛い。
こんなにもひどい顔になっちゃったのねー

あぁ、遠くにいる父の姪や甥を呼ばなくて良かった・・・

そもそも超~~見栄っ張り~な父。
たかが病院に行くにも、ヘルパーさんにズボンにアイロンかけてもらってて。
お出かけの際はいつも身だしなみに気を遣う人だった。
こんなぼろぼろ爺さんになってしまって?
そんな姿は、娘のあたしだから対面しても許される。
けどそれ以外の人には、見られたくないんじゃないかな~って。
今は勝手にそう思っています~。(^^;)

最後の最後、寂しい葬儀だったけど。
さようなら、お父さん。
最後までよく頑張ったね。
育ててくれてありがとう~
私が元気なうちに逝ってくれてありがとう。

そして控室で待つこと1時間。
IMG_5463_20180429011627272.jpg

友達と二人きりだったので、お茶出しとか一切なしで、超~気楽でした。(^^;)
この時、改めて思ったんだけど。
「お葬式」が疲れるのは?
弔問客への挨拶や気配りなどが原因だ。
喪主側はいつもお客と話しをしないといけないし。
だから、忙しくて故人とのお別れをゆっくりできないんだけど。
今回は良かったわあ~

そして火葬が終わり・・・
父の骨は、友人と二人きりで骨壺に入れる。
後ろで待ってる人がいないもんで、二人ででかい骨を何回も何回も壺に入れていたら。。。
火葬場の人に、「もういいです」と言われてしまった。(^^;)
「いつまでやってんだ?」って思われたのかなあ・・・
けど、私の手でたくさんの骨を拾ってもらって父は喜んでいたに違いない。
(*´艸`)

私が位牌を持っていたもんで、まだ生温かい遺骨は友人の膝の上。
次は霊園へ~タクシーで移動。
IMG_5465.jpg

霊園には、前もって連絡しておいたので石屋さんが待機してくれてた。
平日なので、他にお墓参りをする人も少なくがらがら。
IMG_5470.jpg

そして前代未聞の、火葬直後の納骨です。(^^;)
IMG_5469.jpg

関東では、普通~少なくとも葬儀後49日までは遺骨は家に置いておくらしい。
(田舎では葬儀後直ぐ納骨は珍しくはない)
けど、父の遺骨を家に持って帰っても誰も居ないじゃん。(^^;)
あたし、用事が済んだら直ぐ仙台に戻るし~
家の仏壇はしまっちゃったし~
お線香立てる場所もないし~
じゃあ、早くお母さんの傍に行こうね~
生きてる時、父はお墓が大好きだったので、これでいいんだ。
南無阿弥陀仏~~

朝9時に火葬場に着いて、葬儀をして。
で霊園に移動して納骨して、終わったのは12時半くらいだった。

ずっと友達に付き合ってもらったので、一緒に精進料理しよう。
で、帰りに横浜駅に寄り、スカイビル内にあった回転寿司に行った。
IMG_5471_20180429020141292.jpg

二人でたらふく食ったけど、そんなに食えるもんじゃない。
IMG_5475_20180429020140999.jpg

葬祭会館で、精進料理を頼んだら?一人5~6000円はするけど。
この寿司屋では二人で3500円くらいで終わってしまった。(^^;)
なんとも安上りだ。
けど、遠く埼玉から来てくれた友人には「お車代」と称して少しだけ包んだ。
何もかも私一人でやるつもりが・・・
わざわざ来てくれて、一緒に骨も拾ってもらって、お墓まで一緒に行ってくれて。
感謝!感謝です。
本当にありがとう~

そして、葬儀の夜は。。。
実家にて、高校時代の友人と夜中までラインのグループチャットして楽しく過ごしました。(*^^)v

いや~~
もっと疲れると覚悟していた葬儀。。
意外とあっさり終わって、全然疲れてなくて、本当にこれでいいのか?
と思ったけど、あれで良かったんだ。
と、もう後悔はしません。(⌒∇⌒)

葬儀の形式はいろいろあるでしょう。
それがすごい最高級であれ、簡単であれ・・
そんなことより、亡くなった人を想い、偲ぶ気持ちが大事なんじゃないかと思う。
今回父の遺影は、私が自分で用意し額に入れて実家に飾ってきました。
仙台に戻る時に、少しだけ父の写真を持ち帰ったので、私の部屋にはこっそり飾ってあります。(^^;)
亡き母を想う時は、父の事も想うようにして、私が生きてる限り決して忘れないようにします。
それが故人への最大の供養になる。
と信じて。。。。(o^―^o)

父の死後の役所関係の手続きがまだ残ってるので、葬儀の日はほっとしたものの・・
まだまだやることがあるうちは気が抜けません。
頑張れ~アカネ・・・


~続く~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アカネ

Author:アカネ
2006.11月から~
いい歳こいてインラインスケートを始めた仙台市内に住むオバチャンです。
2011年から~
色々忙しくてスケートはほとんどやっていません。
2016年から~
もう高齢ゆえスケートは辞めました。(^^;)


myほーむぺーじ 
    ↓



my詳細ぷろふぃーる 
  ↓

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ