FC2ブログ

秋田・追悼の旅(1日目)

以前にもお知らせしましたが、私のスケート・スキー仲間でもある工藤君(ibizaさん)が、1月23日にお亡くなりになりました。
詳しい記事

あんなに元気だった人が、なぜ?

ずっとずっと信じられなかったけど・・・・
彼の実家に行って、ご両親にお話しを聞いて、そしてお墓参りをすれば?
現実を受け入れられるのかしら?
あと、彼のご両親が彼の写真を欲しがってるので、ぜひこの手でそれを届けたい。
と言うことで~
去年彼と最後に一緒に飲み会をしたメンバー3人で秋田まで行くことにしました。

まず4月19日。
朝8時、仙台南インターの近くで山形の友人と合流です。
直ぐ東北自動車道に入り、途中3回くらいトイレ休憩しながら、秋田に向かいました。

長者原のサービスエリアで、ツバメを見ました。
すんごい近くまで行っても、逃げないツバメだった。(^^;
IMG_8398.jpg

次の休憩。
IMG_8399.jpg

秋田に近づいてきました。
山の中だからか?辺りはまだ大量の雪が残り、めっちゃ寒かった。
IMG_8400.jpg

お土産コーナーが、急に『秋田』になっていた。
IMG_8402.jpg

お昼ちょっと前に、秋田市内に到着。
駅前のビルの中でお昼ご飯にしま~す。
IMG_8412.jpg

お目当の飲食店は、ビルの外側から出入りするらしい。
入口が、よく分からなくてうろうろしてしまった。(^^;
IMG_8415.jpg

本日のラ~ンチは、地鶏の親子丼だぞ~
IMG_8416.jpg






店内の様子。
12時だと言うのに、ガラガラ
IMG_8419.jpg

ダイジョブなのかい、この店・・・(^^;

メニュー。
IMG_8418.jpg

少し悩んで、普通の親子丼を注文した。
じゃ~ん。
IMG_8423.jpg
玉子がとろとろ、ちょっと甘めの味付けだけど。
地鶏が柔らかくてごろっと入ってて超~~美味しかった~

友達は、限定の『極』を注文してた。
IMG_8425.jpg
普通の親子丼の上に、炙った地鶏がゴロゴロ乗ってて、すごいゴージャス。
1個炙った地鶏を貰って食べたけど、すんごい味が濃くて美味しかった。

記念にお店の人に撮ってもらった
IMG_8427.jpg

食べ終わって、ビルに戻りちょっとお土産コーナーなど覗いていたら?
約束の13時になりそーだったので、慌てて工藤君の実家へ移動~

約束の時間に5分遅れで到着。
と、工藤君のお母さんらしい人が、家のやや手前の角で待っててくれた。(^^;
家まで案内しようと、早くから待っていたのかもしれない。
遅れてしまって申し訳ないっっす
家に入るや否や、挨拶もそこそこに仏間に案内された。
蝋燭には火がともっていて、すっかり準備がしてあった。
見上げれば?工藤君の遺影が飾られてて・・・・
ああ~ぁ、やっぱり死んじゃったのね
と、嫌でも彼の死と向き合うことになった。
お仏壇に手を合わせ、合掌しました。
と、なんだか急に涙が溢れてきて、一緒に行った仲間もみんな鼻をすすっていました。
急に、現実を目の当たりにした感じで、悲しくなってしまったのよね~

私は、心の中で工藤君とちょっとだけ会話をしました。
「よく、秋田まで来ましたね~ゆっくりしていってください」
と言われたような気がする。

さ、せっかく工藤君の写真をたくさん持ってきたんだから、ご両親と共に彼の想い出話をしましょう~
皆でリビングに移動し、改めて工藤君のご両親と対面してみて思った。
想像通りの、すごい優しい感じのご両親で、お母さんは工藤君にそっくりだった。(^^;
お父さんが、
「写真が全然なくて、ありがたいです」
と私の作ったアルバムを何度も何度も見てくれて。
もちろんお母さんも、私らの持って行った写真をすごく喜んでくれて。
ああ、こんな風に笑っていたのね。
あら、旅行はいつも一人かと思ったら、皆さんと一緒だったのね。
とか、こんなに大勢のお友達がいたのね。
とか。
我が子から何も聞いてなかったんだな。
と思うことが、いっぱいあって。
私達はご両親にいろいろな話しをいっぱいしてあげました。
なんかそれしかすることがないような気がしたし・・・(^^;

突然我が子を失った悲しみは、想像を絶する。

突然押しかけて、迷惑じゃなかったかな?
とかちょっと心配だったけど。
ご両親は、私らの訪問を大いに喜んでくださり、いろいろな話で盛り上がり終始和やかに楽しく過ごせました。
お酒の話になったら、日本酒をご馳走になったり・・・(^^;
IMG_8434.jpg

ちょっと感激だったのは~?
工藤君の昔の写真を少し見せてもらえたこと。
20歳の頃の写真とか。
IMG_8430.jpg
めちゃめちゃイケメンでした。

他にも子供の頃の写真など見せてもらって・・・・
その写真の様子から想像すると、彼はとてもひょうきんな子?だったんじゃないかな。
と思った。

こんな風に実家を訪ねなかったら?知ることがなかった工藤君の過去を知ってしまい・・・
これで良かったんだか?悪かったんだか?
彼は、生前自分の事はあまり話してくれなかったので、微妙な感じです。(^^;

最後に彼のご両親と一緒に記念撮影をしました。
IMG_8445_LI.jpg

IMG_8448_LI.jpg
ブログに載せることは、話してこなかったのでお顔は非公開です。

あっという間に2時間くらい経っていて、暗くなる前にお墓参りします。
と、ご両親は既にお花など用意しておいてくれて。
お父さんがお墓まで案内してくれると言う。
申し訳ないね~~(^^;

で、向かった先は市内にあるお寺さん。
IMG_8450.jpg
みんなで順番に手を合わせました。

ここで、お父さんから、
「お葬式がとても寂しくて」と・・・・
「けど、こうして皆さんに訪ねてもらえて本当に良かった。」
と、言っていただけた。

お葬式ね~~
知らせれくれれば、飛んでいったんだけどさ。(-_-;)

けど、改めて思うことは~~
工藤君は、自分の弱い姿とか決して見せたがらない人だった。
むしろ、それを隠して私らの前ではいつもへらへらしてる人だった。
だから、棺桶で横たわってる自分の姿なんて、私達には見て欲しくなかったかもしれないな~
と思うので、お葬式には行けなくて良かったんだな~
と今だから思える。

お父さんは、私らのホテルの前まで道案内してくれて、そこでお別れしました。
とても良いご両親で、また実家を訪ねたいな~と心の底から思いました。
とりあえず『大役』終了~

みんなで撮った写真を集め、早くご両親に渡したい。
と今日まで待ちに待っていました。
無事、写真を渡すことができて、仏壇に手を合わせ、ご両親とお話しができて。
お墓参りもできて~~
いや~内容の濃い1日だった。
ご両親も超~喜んでくれて、本当に良い1日だった~

遠くの空から工藤君が
「両親が喜んでいましたよ、ありがとうございま~す」
と言ってるような気がした。(^▽^)

追記:
ご両親から頂いたお土産いろいろ~
IMG_7347.jpg
お菓子、ちょっとずつ全種類食べてみたけど。
どれも美味しかった~

だいぶ長くなったので、ホテルチェックイン後の夜の部は、別記事にします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アカネ

Author:アカネ
2006.11月から~
いい歳こいてインラインスケートを始めた仙台市内に住むオバチャンです。
2011年から~
色々忙しくてスケートはほとんどやっていません。
2016年から~
もう高齢ゆえスケートは休止中~(^^;)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ