巨大地震から5日経ちました。
その間電気や水道も復旧したので避難所を後にし、パソコンも使えるようになったし・・・
仕事にはまだ行けないけど、ようやく気持ちが落ち着いたので、被災直後から時々撮っていた写真など交えながら、私達が体験したことやその様子、今困ってる事などなど~
少しずつブログに載せて行きたいと思います。




・・・巨大地震当日・・・

午後2時40分。
車で息子を職場に送る為、娘一人を家に残し出かける。

午後2時46分頃。
巨大地震発生。ぐらぐらぐ~~ら、激しい横揺れ。
私と息子は、職場まであと700mくらい手前な場所で対向車をやり過ごす為停車していた。
そこは田んぼの中の細道にさしかかる場所。
右側に鉄骨で出来たボロボロの倉庫があり、鉄骨と鉄鋼のぶつかり合う音で、カンカンガチャガチャ~カンカンガチャガチャ~
すっごいうるさかった。
その音が怖くて怖くて・・・
車が潰れる前に~と揺れてる真っ最中だったけど、再びエンジンをかけて鉄鋼倉庫より数m先に移動し、再びエンジンを切って車外に出たら?
あまりの揺れの大きさに立っていられなかった。
地面に膝を付いてじっとしてたけど、そのうち身体も前につんのめりそうになったので、畑の中の泥に膝をついて四つん這いになって揺れの収まるのを待っていた。
後で知ったんだけど、最初のでかい地震は約3分も続いていたと言うから、驚いた。
そんなに長かったの?と・・・( ̄Д ̄;;

大きな揺れがあらかた収まった頃、家に一人残してきた娘が心配だったので直ぐに携帯に電話してみたけど通じない。
Σ( ̄ロ ̄lll)
息子は電話しているより一刻も早く帰った方が良いと言った。
「あんた仕事はどうするの?客の誘導やら棚の片付けやら店はパニック状態じゃない?」
15時からのシフトだった息子はどうしたものか?
と一瞬思ったけど、
「片付けるなら職場よりまず家の片付けが先じゃない?仕事行ってる場合じゃねーよ!ってそれより妹が心配だから俺も帰る!」
と・・・
対向車だったどっかのオジサンが、
『地震直前にラジオから緊急地震速報が流れていたよ。まさかこんなでかいのが来るとはねえ~(^_^;)』
と言っていたので、エンジンをかけた後は直ぐにNHKラジオを点けてみた。
アナウンサーが津波が来るから直ぐ逃げろ!と興奮して何度も喚いていた。
その時大きな河川も危ないって言ってたけど、その大きな河川を渡らないと家に帰れない。
津波が来る前に、橋が壊れる前になんとかこの橋を渡りきらねば・・・
と思うと気持ちが焦る。
さっきの地震で心臓はバクバクしっ放しで、本当はその場に座り込みたいくいらい足はわなわなしてたんだけど、助手席の息子に
「落ち着け~落ち着け~」
と言われながら、とにかく消えた信号を無視し安全確認しながら猛スピードで家に戻った。
今思い返すと・・
橋の手前で路線バスがハザードを出して停まっていた。
その後ろには普通車も停まっていた。
あの車達はきっと「今橋を渡るのは危険?」と判断したのかもね。
そんな車を横目にあの時猛スピードで走っていたアタシってスゴイね。(^^;

うちは7階建ての鉄筋コンクリート造り。
遠くから見た感じ、外観は無事だった。C=(^◇^ ; ホッ!
近付いてみたら、娘がマンションの前の歩道に一人で立っていた。
「あああぁぁぁ・・・・無事だったんだ。良かった~ε=Σ( ̄ )ホッ」
急いで車を停めて、
「無事だったの?あああぁぁぁ・・良かった!良かった!」
と娘を抱き寄せ二人で涙を流して喜んだ。
私は息子と二人で田んぼで地震に遭遇したからそんなに怖くなかったし心細くもなかったけど・・
娘はたった一人でマンションの中であんな地震に遭遇し、ガチャガチャ茶碗の割れる音の中で・・・たった一人で・・・
さぞかし怖かっただろう。
そぞかし恐ろしかっただろう。

「地震の時、あんた何処にいたの?」
「最初自分の部屋に居たんだけど揺れ始めてから『やばい』と思ったからリビングに移動してテーブルの下に蹲っていた」
と。
おおーそうかーーー
これまで宮城県には何度も大きな地震が来てるんだけど、家で遭遇した時はいつもテーブルの下に避難するよう教えて来たので、今回も咄嗟の判断で安全な所に身を隠す事が出来たようだ。
もし?
娘が自室にずっといたら?大怪我をしていたに違いない。





大きな余震が何度もあるうちは家の中に入らず、近所の人と合流しマンションの前の歩道でお喋りしながら、隣の会社から流れてくるラジオの情報に耳を傾けていた。

15時半頃。
あらかた余震が収まったようなので、玄関に懐中電灯があるのでまずそれを持っておそるおそる家の中に入ってみた。




<我が家の被害状況>

☆ベランダ。
特に物が置いてなかったので壊れた物はなかったんだけど、壁のタイルがあちこち剥げ落ちていた。
IMG_2897.jpg

IMG_2902.jpg

IMG_2898.jpg

手すりの端っこが浮いてしまった。
IMG_2900.jpg


☆娘の部屋。
でかい本棚があるんだけど、それはとても太い突っ張り棒で支えてあったので倒れてはいなかったけど、扉が開いて相当数の本が飛び出し布団の上で散乱していた。
机の上の本もほぼ全部下に落ちていた。
パソコンは机より離れた位置にある小さいちゃぶ台の上だったので無害。
一番ひどいのは、本棚の上に置いてあった重い参考書の束が落ちて(飛んで)来て、壁に掛けてあった姿見に激突したらしく鏡が倒れて布団の上で粉々に割れていた事。
もし娘があの部屋で寝てたら?と思うとぞ~っとする。(-_-;)

地震後一瞬にして停電になってしまったので、掃除機がかけられない。
だからガラスの破片は片付けられても、細かいガラスが掃除できない。
あああ、今夜はここで寝れないね。
と思った。(ノ_-。)

☆アタシの部屋。
パソコン机の脇の間仕切り棚が廊下に倒れていた。
CDや書類が散乱していたけど、これは直ぐに片付いた。
まだ点けてないから分からないんだけど、棚にあったバックアップ用のコンパクトハードディスクが壊れてないといいんだけど。(^^;
あとアタシの部屋には大きな洋服箪笥が2個置いてあるんだけど、これも突っ張り棒4本のお陰で倒れる事もなく、箪笥の上の衣装ケースもストッパーのお陰で落ちてくることもなく無事。
但し机の上からパソコンが落ちていた。がーん…llllll(-_-;)llllll
キーボードも落ちていた。
不思議なのが棚の上のプリンターは1mmも動いていなかったこと。
これはプリンターの下にずれないシートを敷いてあったからだと思う。
パソコンの下にも敷いておけば良かった。(ノ_-。)
どうか、壊れていませんように・・・

☆リビング。
フローリングなのでサイドボードやピアノなどはスライドしたらしく倒れていなかった。
ピアノの上の小型TVもチェストの上に乗ってた電子レンジも、ずれないシートを敷いてあったので落ちてなかった。
サイドボードの中は、グラスが1~2個落ちそうになっていたけど、扉が開かなかったお陰でほとんほ被害なし。
壁に掛けてある額縁は、以前の地震で落ちてガラスが壊れたので、以来ずっとガラスなし状態だったので今回は落ちてる額もあったけど無害。

☆息子の部屋。
フローリングなので机はスライドしたのだろう。
息子のパソコンは落ちてなかったし、キーボードもスピーカーもそのままだった。
衣装ラックはキャスター付きなので多少移動はしてたけど倒れてなかった。
但し、建物の構造上、ここだけ歪んだのか?
エアコンのホース穴がずれてしまった。
IMG_2893.jpg

そしてその周辺の壁紙が裂けていた。Σ(・"・;)
IMG_2894.jpg

☆旦那の部屋。
やや大型TVがあるんだけど、ベルトで台に固定してあったので落下してなかった。
ガラス戸付きの人形ケースが見事に倒れていて、ガラス戸2枚が割れてた。
あと小さな本棚の上の物が落下。
IMG_2833.jpg
(この ↑ 写真は後日撮ったので少し片付いてます)

窓の近くに積み上げてあった使ってない石油ストーブ(灯油空)が落下。
その時にぶつかったんだろう扇風機はぶっ倒れてて前面の網が外れていた。(^^;
壁にかけてあった物が数点落ちていた。

☆洗面所、風呂場、トイレ=落ちてた物はあったけど壊れモノはなし。

☆台所
食器棚は固定してあったので倒れてなかったけど、開いた扉から食器が溢れ出て落下。
たぶん半分くらいの食器が壊滅状態。(^^;
IMG_2832.jpg

IMG_2834.jpg

冷蔵庫は床がフローリングだったから?やや動いていたものの倒れていなかった。
出掛ける直前に作り終えたコンロの上のカレーの入った鍋は無事だった。
C=(^◇^ ; ホッ!

ちなみに~
同じマンションの6階のお友達の家の一部を撮影させてもらいました。
IMG_2941.jpg

IMG_2942.jpg

6階の家ではちゃんと家具に突っ張り棒を付けていたらしいんだけど・・・
上階の揺れはさぞかしすさまじかったのでしょうね。(^^;
その突っ張り棒が折れてぶっ飛んでいたらしく、大きな家具は全部転倒、ほぼ破損しちゃったそうです。(~_~;)
我が家は1階だったので、奇跡的にたいした破損もなくて本当に良かったです。(*^^*)



☆不思議だったこと。
①電子レンジの上に置いてあったリンゴが、なじぇか?電子レンジの中に入っていて、しっかり扉も閉まっていた。
誰が入れたの?(; ̄ー ̄)...ン?
誰もそんなことしてない!と言うので、たぶん地震の仕業でしょう。
地震でレンジの扉が開き、ちょうどそこにリンゴが落ちた。
次の揺れでレンジの蓋が閉まった。

②しっかり鍵を閉めておいたリビングと和室の窓が、どちらも鍵が外れて少しだけ開いていた。
何度も何度も強く揺れると自然とロックが外れ、そして次の揺れで窓が開いちゃうのでしょう。
ずっと無人だったら?
泥棒に入られちゃうねー(^-^;



その後の余震が大きかったので、部屋の惨状をどうにかしてるより、一刻も早くこのマンションから脱出しどこか安全な場所に身を置きたかった。
あまりに大きな地震に遭遇しちゃうと、なかなか興奮状態から抜け出せない。
心臓は常にドキドキしてるし、何をしても心が落ち着かなかった。
大きく深呼吸をしても動悸が治まらず、けど子供達の手前落ち着かなくちゃ~
(○ ̄ ~  ̄○;)ウーン・・・
とにかくアタシは必死で「今何をすればいいんだ?何を持って行けばいいんだ?」と色々考えてみる。

私達は貴重品他大事な物だけ持って、外に出ると急にバラバラ大雪が降って来た。
車に荷物を積んで皆で行こうか?
とも思ったけど、学校の校庭の奥に停めたりしちゃうとその後身動きが取れなくなる?
とか思ったもんで、とりあえず持てるだけ持って徒歩で近くの小学校の体育館に避難した。

前々から家族で話し合っていたんだけど、『何かあったら?小学校に集合』
だから連絡が取れなくても夕方には小学校で旦那と遭遇出来た。

今回お世話になった小学校。
IMG_2876.jpg

小学校に着いた時、まだ人影もなくがら~んとしてて、アタシ達が一番乗り?(*'ω'*)......ん?
IMG_2835.jpg

今回お世話になった体育館。
IMG_2870.jpg



~~地震の夜・・・避難所に着いてから~~

は、また後で時間があったら書きます。



------------------------ つづく ------------------------
Secret

TrackBackURL
→http://nanaakane.blog92.fc2.com/tb.php/547-7873c009