勝手に引用してしまいましたが~(^^;)

ひで爺さんと言う方のサイト『INLINE JUNKIES』
http://www.ne.jp/asahi/hidejii/inline/hideG/menu.htm
では、インラインスケートを履いてない時でも練習できる方法として以下の柔軟体操が載っていました。

--------------------------------

<バックスケーティングの為の柔軟&練習>

バックスケーティングでは進行方向である真後ろを、体を90度首を90度回して後ろを見ます。
上半身は半身と呼ばれる状態が好ましくなります。
特にアンチバックワードなどでは腰から上を回すのがより一層きつくなるのでこの柔軟運動をしておくと効果が高いでしょう。

○柔軟○
壁を使います。
インラインスケートは履かずに壁から30cmほど離れて両足は肩幅に開き、両足は平行、壁を背にして立ちます。
体を捻り両手で後ろの壁を触るようにします。
最初は右、次は左から捻り、交互になるべくゆっくりと行ないます。
振り向く時に息を吐き、正面を向いた時に息を吸います。
左右で1回と数えゆっくりと50回ほどやりましょう。
慣れてきたら、腰から上をより捻るように、180度以上振り向くように少しづつ角度を増やしていってみましょう。
また、足をバックスラロームのように前後にずらすとより実践的な柔軟の練習ができます。
腰回りの脂肪をとるダイエット運動を応用しています。

--------------------------------

ダイエット運動?(☆Д☆)キラリーン♪

さっそくやってみた!

(@◇@;) ウ・・・
やっぱり私は身体が固い。
特に左方向からだと腰も首もかなり痛い。
この【後ろを振り向く】と言う恰好が私にとってはとってもキツイことに今更ながら気付いてしまった。
やっぱりこの基本体勢がちゃんとできてないうちはバックスケーティングなんて無理なんだ!と悟った。
(ρ_;)・・・・ぐすん

っつう~ことで、暇な時は常に意識してこれを実行する事にした!
v(≧∇≦)v いえぇぇぇぇいっ♪

まず台所で料理しながら待ち時間は食器棚を壁に見立てて体操~
仕事中はお客が途切れると後ろに壁があると想定して右から~左から~と後ろを向いて体操~体操~
すると私の後ろに居たレジ仲間が、いつになく妙な事やってる私を見て
(´m`)クスクスと笑った。

「ん、なにやってんだべか?腰 いてぇーのかや?」(仙台弁風に・・・)
「いいえ、ちょっと体操してんの。これやってるとダイエット効果もあるよ。やってみ~」
と私。
するとそのレジ仲間は足の立ち位置まで動かさないと後ろが向けない様子だった。
w(゜o゜)w オオー!

私は両足踏ん張ったまま足の位置は動かさず振り向けるので、私の方が少しはマシじゃん!
\(@^o^)/ <キャッホー!!


☆写真はイメージ写真。(私ではありません)

20070212005749.jpg

Secret

TrackBackURL
→http://nanaakane.blog92.fc2.com/tb.php/7-23673c05