その他日常 2017.09.11 (月)
今日は、先週山岳事故で亡くなったじろーさんのお通夜に行ってきました。

亡くなった人の事は、長い時が経てば少しずつ忘れてしまうかもしれない。
けど、亡くなった人のことをず~っと覚えていてあげて、時が経っても時々でいいから思い出してあげるのが、
亡くなった人への一番の供養だと思うので・・・
じろーさんの事を忘れないために、今日はあえて私のブログに載せたいと思います。

斎場に着いてまず、親族の方の許可をいただき会場の入り口に飾ってあった遺影を撮らせてもらいました。
IMG_3989.jpg

突然だったので、本当に信じられなかったけど。
こうして遺影と向き合うと、「あ~ぁ本当に逝っちゃったんだな」と実感します。
悲しいです

ふと横を見ると、最後に身に着けていた衣類と道具が展示されてました。
IMG_3990.jpg

その上には、じろーさんが録ったと思われるビデオがず~っと映しだされていました。
故人を思い出すステキな演出でした。
しかし~
よ~く見ると被っていたであろうヘルメットがボコボコになってました。
めっと

こんなにヘルメットがボコボコになっちゃうんだから、相当高い所から落ちたんだろうな~
って思ったら、なんか会場に入る前から涙が溢れてきました。
けど、ここでしっかり『お別れ』しないと、あたしのことだ、きっとず~っと引きずるから・・・(^^;)
勇気を出して通夜の席に参列しました。



会社関係の人もいたと思うけど。
とにかく『友人』がとっても多く参列してました。
ざっと100人くらいいたと思う。
多趣味だったから、その死を惜しむ人も多く・・・
明るい人だったから、その別れを悲しむ人で溢れ・・
私の隣に座っていた男の人は、お坊さんが来る前から鼻をすすり・・・
お焼香が終わるともっとずるずる泣いてて・・・
最後の喪主であるじろーさんのお兄さんの挨拶では、超~ぐじょぐじょに泣いていた。
私も泣いちゃったけど・・・(:_;)

じろーさんが遭難したのは長野県。
じろーさんの車が停めてあったのは岐阜県。
どちらも運ぶのがとっても遠い距離で大変だったそうです。
けど冬山とかだと遺体が見つからない場合も多いはず・・・
じろーさんがちゃんと仙台に戻ってこれたことが、ご遺族にはせめてもの慰めだったようです。

お通夜の最期に、じろーさんの亡骸と対面しました。
しっかり『お別れ』しようと思ったのでね。
けど、棺の中のじろーさんの顔はとても痛々しいものでした。
あちこち傷だらけで口元には絆創膏が貼ってあったし。
「痛かったでしょ?」
なんて話しかけちゃったけど、返事はなかった。

ご家族の話では、頸の骨も折れていたから即死だろうと。(>_<)

家に戻って・・・
改めてお通夜でいただいた会葬礼状を見て驚いた。
定型文ではなく、ご遺族の方がちゃんと文章を考えて載せたものでした。
IMG_3991_20170911204357f10.jpg

約2年前に、私は実母の喪主をした経験から・・・
ああゆう時って時間もないし、なかなかここまで気が回らないのですよ。(^^;)
ステキな会葬礼状でしたので、大切にとっておこう!!


最後に元気だった頃、じろーさんと一緒に撮った写真を載せておきます。
私の中ではいつもじろーさんは笑っている。

2016,3,30
IMG_1641.jpg

IMG_1647.jpg
(じろーさんの会社前)

2016.3.25
IMG_1567.jpg

IMG_1575.jpg

IMG_1579_201603252240210ef.jpg
(じろーさんの会社前)

知り合ったのは、長町のスケート広場。
一緒に滑ったのは1回だけだったけど。
近所だったので、買い物ついでによくばったり会いました。
会うといつもまずツーショット自撮りの後、機関銃のようなおしゃべりが始まり、あははおほほと楽しく笑い・・・
そしていつも話が長くなりなかなか帰れなかった。(^^;)
ほんと明るくいつも前向きでとても人懐こい楽しい人でした。


さよならじろーさん。
けど、私にとってあなたは『自撮り棒の神様』だから・・・
じろーさんの『自撮りの教え』は絶対忘れない。
これからはどこか行く時、面倒でも自撮り棒を持って行くようにする。
じろーさんのように、楽しく自分を撮れるよう頑張る。

楽しいことをいっぱい教えてくれてありがとう~(*´з`)
天国に行っても自撮り棒を振り回すんだよ~

Secret

TrackBackURL
→http://nanaakane.blog92.fc2.com/tb.php/981-40662cca